肛門腺炎発症

2011-01-31 22:39 | カテゴリ:今日の出来事
最近の小太郎君は よく床に肛門をこすりつけるしぐさを

していたのですが 今日の夕方は さかんに肛門をなめて

いたので病院へ・・・


13102.jpg
プルプル 震えながら 診察を待つ小太郎です

診断は 肛門腺炎 でした

昨年7月に病院でだしてもらってたので

大丈夫と思っていたけど そういう問題では

ないみたい(--〆)

でも たいしたことなくて良かった

軽い炎症だったみたいで 一応注射と

飲み薬をいただいて帰宅・・・



《肛門腺炎》
 肛門腺の排出困難とそれに続く肛門嚢の細菌感染を起こします。
肛門腺は個体によってそれぞれニオイや色などが異なりますが、
異常な肛門腺は黄色っぽくて血液が混じっていたり、
それが膿状になるとさらに悪臭となります。
自然に肛門腺を出すことができなくなるため不快感を感じ、
床に肛門をこすりつけたり肛門を舐めたり噛んだりして、
肛門の周りの皮膚炎をも起こしてしまいます。
 肛門腺炎を起こしてしまった場合は、
1~2週間毎に分泌液をしぼり出すことを繰り返し、
肛門嚢の中を空にします。
その状態で抗生物質の内服や肛門嚢の中を洗浄して
病気を治療します。

gooペット より抜粋




僕のアンヨ押してね(*´∀`*)ゞ
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://wanwansamitto.blog106.fc2.com/tb.php/327-071a7324