精密検査の結果です

2010-07-17 21:23 | カテゴリ:今日の出来事
午後4時に動物病院に迎えに行ってきました

先生からは約45分間にわたってとても詳しく説明をしていただきました

血液検査の再検査は若干数値は下がったものの 肝機能部分は

やはり数値は高かったのです。

レントゲン エコーでの結果は 肝臓がなぜか委縮して 小さく

なっていたのです

数値が悪いのは そのせいかもしれないということでした。

もちろん 細胞検査という方法もあるらしいのですが リスク

が大きすぎると・・・

さらに肝臓だけでなく 子宮に水のようなものがたまっている

らしく(子宮水腫)これは破裂したらたいへんなことになる

のだとか・・・普通子宮はレントゲンには赤ちゃんがいない限り

映らないらしいのですが はっきりと映っていたのです

実は茶々さんは ブリーダーさんが繁殖用に残していたワンちゃん

だったのですが パパさんが無理を言って我が家の一員に

そんな事情だったため 避妊手術ができず 赤ちゃんを産む予定

だったのですが、うまくいかず 当面の発情をさけるため

犬のインプラント(2年間有効の避妊治療・疑似妊娠状態)とやらを

施術しました。

インプラントは皮膚の下に埋めるだけの簡単な手術ですみました。

一回2万円です。

2年後 普通に避妊手術の予定だったんですが、これま

で通院していた動物病院では なんの問題もない避妊方法だし

この方がワンチャンのためですよ って言われ 8歳まで4回入れ

替えてきました

10歳になりどうしても気になり 今回は福岡でも動物病院では

名医と評判の山本動物病院に変更しました

今回の子宮水腫については この副作用かもしれないとのことでした

結論は まず肝臓機能をよくするためにお薬を、また子宮に

ついては 抗生剤で抑えながら なるべく早い時期に インプ

ラントを抜く手術をし、更に子宮も抗生剤の状況では手術を

しなければいけないようです。

インプラント(避妊カプセル)には いろんな副作用がある

らしく もちろん 動物病院の先生は知っていたはずなのですが

何の説明もなく 4回も・・・毎回のように大丈夫ですか?って

聞いていたのに・・・・・

このネット時代いろんな情報もたくさん 掲載されているにも

かかわらず インプラントという名前すら知らず 今回初めて

聞いたのです。

何度かいろんな言葉で検索をしていたのですが ヒットでき

なくて・・・

インプラントなんて 歯しか知らなくて・・・

茶々には本当に申し訳ない事をしました

可哀そうで・・・・・(-_-;)


7175.jpg
エコー検査のためお腹の毛を剃られています。


7174.jpg
ちょっと疲れたよね・・・
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://wanwansamitto.blog106.fc2.com/tb.php/244-afc46f40